育生歯科 審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは美しい口元を作ることを目的として歯を白くキレイにする歯科治療です。

従来の虫歯や歯周病といった、歯や歯肉の病気を治すことが目的ではなく、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。

そして、審美歯科は美しくキレイな歯や歯肉を作るばかりではなく、美しい笑顔を作り、精神的にも自信が持てることで、いきいきとした生活を送ることができます。歯のクリーニングやPMTCも含まれます。

ホワイトニングによる審美治療

歯を削らずにホワイトニング剤を使用して歯を白くする方法です。

ホワイトニングとは、歯に薬液を作用させて歯を白くすることです。

歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、家で行う「ホームホワイトニング」、オフィスとホームを両方行う「デュアルホワイトニング」などの方法があります。

インレー・クラウン治療による審美治療

天然歯に近く、審美性の高い材質を使用したインレー・クラウン治療を行う審美治療法です。

メタルボンド

天然歯に近い審美的な再現性、磨り減りや変色もほとんどありません。

中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを焼き付けている為、オールセラミックに比べ強度が優れています。

オールセラミックス

自然な色を再現しやすく白さを長く保ち審美的に優れています。

また金属を全く使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。

ハイブリッドセラミックス

セラミックとプラスチックを混ぜ合わせて焼き固めた歯や生体に優しい素材です。

また、オールセラミックスに比べて比較的安価であることも特徴です。

天然歯とほぼ同硬度で、かみ合わせる歯をすり減らすこともありません。

ラミネートベニヤ

歯の表面に薄いセラミックを貼り付けるもので、麻酔なしで痛みもなく、簡単に行える画期的なシステムです。シェル状のものはセラミックで作られているから丈夫で、変色や摩耗の心配もほとんどありません。自然な白い歯を無理なく実現できる方法です。

治療前

ラミネートベニヤ法による治療後

セラミック・クラウンとプラスチック・クラウンの比較

セラミックス・クラウン(メタルボンド・ポーセレン冠)

金属の上に陶材(セラミックス)を焼き付けたものです。強く、耐磨耗性にも優れ、より自然な色調と形が再現できます。噛み合わせなどでセラミックスが使用できない場合もありますので、ご了承下さい。

セラミックス・クラウンの断面図

セラミックス・クラウン
セット後8年経過の例(上の前歯4本)

プラスチックス・クラウン(硬質レジン前装冠)

金属冠に維持を付け、その上にプラスチックをかぶせたものです。

プラスチックス・クラウンの断面図

プラスチックス・クラウンの変色例

※プラスチックの弱点
  • 吸水性があるので変色しやすい。
  • キズがつきやすく、すりへってきます。