育生歯科 矯正歯科

矯正歯科とは

歯科矯正治療とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。しかしながら、ただ、歯並びの審美的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くし、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。

近年、日本人の顎の大きさが小さくなってきております。その結果、歯並びに影響を招き、矯正治療が必要となってきております。

さらに、成長期の子供には、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。

歯並びを直すことは顎関節症の予防にもなります。歯軋りの防止、見た目の美しさも追及できます。精神的にも安定、満足、生きいきと仕事ができ活力がでます。

矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療のすばらしい一分野です。

矯正治療が必要な歯並び

矯正治療をお勧めする代表的な歯並びについて紹介します。

上顎前突(出っ歯)

上の歯が前に飛び出している、出っ歯と呼ばれる歯並びです。

上顎の発育が大き過ぎたり、下顎の発育が小さすぎたりする時に生じます。

放置していてもほとんど治らず、成人期に近づくにつれ気になる症状のひとつです。

下顎前突(受け口)

下の歯が上の歯より前にある、受け口を呼ばれる歯並びです。

前歯の傾きや下顎の発育が大きすぎたり上顎の発育が小さすぎたりする時に生じます。

放置していてもほとんど治らず、症状が悪化すると顎の骨切り手術を要するような難症状へ移行することもあります。

八重歯(乱杭歯、叢生)

歯が前後や上下に並ぶ、八重歯などが代表例です。

歯のはえてくる顎の大きさとの調和がとれず、歯と歯が重なっている状態です。

開咬

口を閉じた状態のときに、上下の歯があたらない歯並びです。

奥歯は噛み合いますが、前歯で食べ物が噛み切れない症状です。

指しゃぶりや舌の突き出し、上下の顎骨の垂直方向の発育や前後方向の不調和などにより生じます。

放置していてもほとんど治りません。

矯正治療の種類

クリアブラケット

ワイヤーと透明ブラケットを使用する矯正装置です。全ての症例に適応可能で、もっとも一般的な矯正治療装置です。

ホワイトワイヤーブラケット

白いワイヤーを使用することで、装置が目立ちにくなります。一般のものに比べて審美性に優れています。

スプリント矯正

矯正治療で歯を動かす前にスプリントという装置をつけて、顎関節の安定化を図る治療です。