育生歯科 口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは一般的に口の中のすべての組織、歯や歯ぐきだけでなく、舌、頬の粘膜、舌の付け根、上アゴ、下アゴ、唇(くちびる)と、粘膜に隠れている唾液腺(つばを出す組織)、さらに顔やアゴの形をつくっている骨、アゴの関節など、これらに生じた病気を診断、治療する診療科です。

歯ぐきに埋伏している歯、特に親知らずや舌、頬、口唇の腫瘍の摘出など、ほとんどの外科手術は短時間に確実に当院で対応できます。

ガン治療については北大医学部・歯学部・病院とも医療連携を結んでおり治療が可能です。

口腔外科診療・治療が必要な疾患と症状

育生歯科では、下記のような疾患や症状に対応し、診断・相談・治療をおこなっています。

また、必要に応じて基幹病院の専門医をご紹介しています。

  • 口腔内にできる癌(悪性腫瘍)の診察・相談、専門病院の紹介
  • 一般歯科では困難な部位の抜歯、親知らずの抜歯
  • 歯の移植(親知らずなどの移植)
  • 舌小帯、上唇小帯の切除、伸展
  • 外傷(骨折・口腔内外の創傷・歯の脱臼)
  • 歯や傷からの感染による炎症の治療(膿みの溜まっている部位の切開、抗生剤の点滴等)
  • 奇形、変形症の診断
  • 唾液腺の炎症や唾石症、ガマ腫の治療。唾液腺腫瘍の診断、相談
  • 顎関節症の診断、治療
  • 歯肉や粘膜にできる良性腫瘍の切除・摘出
  • 口腔内の悪性腫瘍の診断と病院の紹介
  • 口腔内に生じた見た目では診断のつかない疾患の病理診断
  • 口腔粘膜炎、口内炎の診断・治療
  • 舌痛症
  • 口腔乾燥症

レーザー治療

当院で使用しているレーザーは炭酸ガスレーザーです。

使用用途は様々で、むし歯、歯石除去、歯周病、歯ぐきの黒ずみなどの症状に効果を発揮します。根の治療、歯茎の外科治療にも利用します。知覚過敏処置にも有効です。ガムホワイトニングという歯茎のホワイトニングも可能です。

インプラント手術時にも使用され、治癒の促進に役立てております。

顎関節症について

戦後、食生活の欧米化によって、日本人のあごが小さくスマートになったといわれています。ハンバーグやカレーライス、シチューなど、子どもが好きな食べ物は、昔からの日本的な食事と比べて、柔らかく、よく噛まなくても食べることができるため、あごの発達を妨げてしまうのです。あごが小さいと、歯が納まるべきスペースも狭くなり、歯が重なってはえるなど、歯並びや噛み合わせに悪影響を与えます。

顎関節症はあごの関節がずれる病気で、噛み合わせの異常も原因の一つです。ストレスも関係することから、現代病ともいわれ、近年増加していく傾向にあります。発症の男女比は1対2と女性に多くみられます。

顎関節症には典型的な症状があります。口が十分に開かなくなる、口を開けた時に痛みがある、口を開けると雑音がする(初発症状に多い)の三大症状です。また、関連症状として、頭や顔、首、肩の痛みのほか、耳鳴り、めまい、眼の疲れ、手足のしびれ、肩こりが起こることもあります。四十肩、五十肩の中には、顎関節症の関与も少なくないと思われます。ひどくなれば、頸椎や脊椎にまで悪影響をおよぼすこともあるのです。

原因としては、噛み合わせの異常が半数以上を占めますが、子どものころからの食生活だけではなく、歯を治療した時の充填物や入れ歯が合わないケースも考えられます。このほか、歯ぎしりや歯のくいしばりなどであごにかかる負担が大きくなったり、精神的なストレスであごの筋肉の緊張が続いたり、食事の時に口の片側ばかりで食べる噛みぐせが引き金になります。

症状が重い場合は手術が必要になりますが、多くはバイトスプリントという板収のものを、マウスピースのように口の中に装着することで症状が治まります。バイトスプリントはあごの関節をリラックスさせるものです。症状が緩和したら、充填物の高さや入れ歯を調整し、噛み合わせを治します。

顎関節のズレと症状

正常な状態では、関節円板をはさんで上顎と下顎のラインが一直線になっています。

ところが、このラインがずれると顎関節症が起こりやすくなります。

  1. 1.関節円板が前に移動した状態です。口を開くとカチッと音がします。

  2. 2.口を完全に開くことができません。下顎と小頭が関節円板の中に入った状態が長く続いた結果で、痛みが激しくなります。

  3. 3.顎がはずれた状態ですが、関節円板をともなっているため、痛みはそれほどありません。

  4. 4.歯が抜けたりして噛み合わせが、狂った状態です。強く噛むと1の状態になります。

日常生活での注意点は、柔らかいものばかり食べないようにし、噛みぐせなどの悪習は改善してください。歯を抜いたまま放置せずきちんと治すこと、また虫歯などの治療で充填物を入れた場合は、高さが合っているかどうかをよく確かめることが重要です。治療した当初は合っていても、加齢とともに周囲の自分の歯が摩耗して高さが合わなくなることもあります。半年に一度は検診を受けることも大切です。

口を開くと雑音が鳴るようであれば、放置しないようにしましょう。一時的に音がしなくなっても、ひそかに進行し、朝目が覚めたら突然口が開かなくなっていたなどという事態もまねきかねません。三大症状が現われたら、口を無理に試し開けしたりせず、堅いものや粘着性のある食事は避け、早めの受診を心掛けてください。