育生歯科 インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、歯を失った歯ぐきに、人工チタン製の歯根を埋入させ、以前と同じように噛める機能を回復させる治療法です。

従来は健康な歯を削って固定するブリッジや取り外しができる義歯(入れ歯)を作っていましたが、削ることで歯の寿命が短くなったり、堅いものを咬むと痛みがあったり、咬むことに違和感があったりして、必ずしも快適感が得られるものではありませんでした。

その点、インプラントは、自分の歯のような実感が得られるので、堅いものを咬んでも違和感がなかったり、会話の際の不快感もなく、自然な運動ができるようになります。

最終的にインプラントの上に被せる冠は、ハイブリットセラミック性のご自分の歯のような白い歯が入ります。

こんな方にオススメ!

  • 奥歯が無い方
  • 入れ歯が合わない方
  • 入れ歯が嫌な方
  • 咬む力が弱い方
  • 健康な歯を削るのが嫌な方
  • 自然な歯を取り戻したい方

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • ブリッジの様に健康な歯を削る必要が無い
  • 見た目が良い
  • 物を咬む力が強くなる(天歯の約80%)
  • 自分の歯と同じような感覚で食事ができる
デメリット
  • 手術が必要
  • 骨の量が少ない場合はインプラントが出来ないことがある
  • 治療時間が比較的長期
  • 定期的なメンテナンスが必要

アストラテック社のインプラントを使用

当院では、高水準医療国であるスウェーデン製の「アストラテックインプラント」を使用しております。4大オリジナルインプラントの1つでもあり、世界中で古くから使われ高い実績をあげています。

インプラントは体の一部となるものであり、10年以上の長期間、常に機能しているものです。とくに実績が大事とされるインプラント治療においては、多くの臨床実績があるということが非常に重要です。そういった点から考えても、どのインプラントを使用するかということは歯科医院にとっても、患者様にとっても大切な事です。

アストラテック社はスウェーデン国がバックアップ

日本でいう公社になります。インプラントは何十年と使用していただきたいものですが、修理の際、会社がなくなっていたり、パーツがないとしたら非常に困ります。そういう意味でも企業として安心できるかどうかということも非常に重要です。

免荷期間が短い

最新のアストラテックインプラントは骨との結合が非常に早く、とても強固な構造になっています。その結果、従来では長いと6ヶ月必要とされてきた免荷期間が6週間程度でよくなりました。治療期間の短縮は患者様にとって大きな利益となります。

辺縁骨が下がりにくい

インプラント治療において、必ず経年的な辺縁骨の吸収が気になります。

インプラントは天然歯と違い、歯ぐきの防衛機構がありません。そのため、清掃が悪かったり、力のバランスが悪かったりすると、経年的に辺縁骨が下がりやすくなります。

しかし、アストラテックインプラントはマイクロスレッド(細かい溝)の構造から辺縁骨が下がるのを軽減させることが出来ます。

治療後のメンテナンス

インプラント治療を行った場合には、定期的にメンテナンスを行うことが必要不可欠です。

インプラントは半永久的に機能すると言われていますが、それはしっかりとメンテナンスを行った場合です。インプラントにも歯槽膿漏に似た周囲炎を起こす可能性があります。

そのためしっかりとしたブラッシングと定期健診を行う必要があります。

メンテナンスは年に数回行います。骨と人口歯根の様子やかみ合わせの検査を行い、日頃自分では落としきれない歯に付いたよごれを落とします。また、スタッフによる日頃のケア方法の説明やブラッシング指導を行います。

症例紹介

術前

上下のアーチがまったく違い、咬合平面のゆがみも著しい。

5方向からの写真(術前)

術後

上下のアーチのコーディネート後、保定と並行してホワイトニングを行い、その後、補綴を装着した。

5方向からの写真(術後)

料金案内

インプラント治療では一般的には健康保険は適用外となります。

主にインプラント費用は、ねじ(フィクスチャー)を骨に埋める手術と、人口の歯(アパットメント)の費用、検査の費用が別々に計算されます。

前歯 / 臼歯1本の場合1本あたり324,000円(税込)

※CT撮影を必要とした場合、21,600~35,600円(税込)の費用がかかります。